トップメイン画像

土地活用とは?

一般的に土地は所有しているだけでは価値を生み出しません。

維持費や管理の手間がかかっているだけで何もしていない土地を現金化により、より有利な金融資産で運用する、賃貸アパート経営により長期安定収入を確保するなど、月々に一定の収入がある収益不動産にすることです。

土地活用をするには 売る(土地売却・等価交換)、貸す(駐車場・コインパーキング・定期借地など)、建てて貸す(アパート・マンション・オフィスビル・商業ビルなど)などがあります。

大きな土地を保有していると、維持費や税金の負担等の悩みがあります。等価交換なら建て替えする際に負担なく建て替えが可能です。

これは土地所有者がデベロッパーという開発業者に土地を提供し、その土地に建った新しい不動産(マンションの場合が多い)の同じ価値分をゆずり受けるものです。土地の等価分の部屋を交換する形になるので、等価交換といいます。

人によって様々ですが、先祖代々の土地など長年住み慣れた場所から離れたくないものです。等価交換の場合、土地については共有持分を持つことになるので土地との絆を保つことができます。